アジアREITマーケット デイリーレポート20150806

本日のレポートは以下の通りです。

 

2015年8月6日

インデックス名 終値 前営業日比 前日比%
FTSE REIT Index(シンガポール) 750.49 +1.25 +0.17%
TSE REIT Index(日本) 1,775.69 -12.28 -0.69%
Hang Seng REIT Index(香港) 6,262.48 -41.77 -0.66%

 

本 日のアジアREIT市場は、シンガポールが反騰、日本が続落、香港は反落となりました。上海総合は前日比0.89%の続落で引けています。中国当局の介入が続いているようですが、それでも相場が軟調を継続していることで、いよいよ先行き不透明感が強まってきた感があります。今日は中国からこのようなニュース(http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NSNMTX6JTSEI01.html)が入ってきていますが、果たして今後の相場がどうなるのか、注視していきたいと思います。一方で日本では「景気後退」についてエコノミストのコメントが出てきました(http://jp.reuters.com/article/2015/08/05/column-forexforum-eijikinouchi-idJPKCN0QA03C20150805http://jp.reuters.com/article/2015/08/06/column-forexforum-hideokumano-idJPKCN0QB03C20150806)。日銀の追加緩和があるとするなら、REITの買入枠も増大が見込まれて短期的には市場が堅調になるのかもしれませんが、長期的に出口戦略まで考えるなら、今以上に難しいかじ取りが求められることになるでしょう。

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村

Leave a Comment