Bondora by isePankur に口座開設

大きな注目点だったギリシャの国民投票が終了しました。予想外に「No派」が投票者の61.31%にもなって「Yes派」を大差で破ったことで、今後ユーロ圏でどのような動きになってくるのか不透明感が強まりました。ただ、私が懸念していた流血の惨事は取り越し苦労でまずはホッとしています(イギリスの新聞紙ガーディアンによれば、一部のアナーキストが火炎瓶を投げるなどの混乱はあったようですが、大きな混乱を生じるような動きはでていないようです)。

 

さて、多くの市場参加者がギリシャのユーロ圏からの離脱までをまるで既定路線に入ったかのように述べておりますが、個人的には簡単にその方向に話が進むとも思えません。ギリシャが国民投票で「緊縮策にNo」を出したからといってEUが緊縮策を収めて金融支援を行うようなことがあれば今後スペインを始めとする南欧諸国にも同様の動きが出てEU全体で統制がとれなくなってしまうためにギリシャに対して緊縮策を求めないといった妥協はできない、という論理は正当ではありますが。。。一方で、現実的に見たときにギリシャを西側世界に留めておく地政学上の重要性が変化するわけでもありません。正直なところ、様々な可能性を列挙して起こりうる事態に備えることはできても「今後、このように動く(はず)」という決めつけは非常に危険であると思います。

 

そのようななかではありますが、先日日本のソーシャルレンディングであるManeo(マネオ)に口座開設した私は、ヨーロッパにおけるソーシャルレンディングのプラットフォームのひとつであるBondora に口座開設を行い、資金を移そうとしているところです。EU内の小国、エストニアにあるプラットフォームですが、運用を始めることができれば、経過をブログ上で広告させていただきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村

Leave a Comment