Cache Logistics Trust 2015年3月末時点の業況考察

2015年3月末時点の業況考察、六社目は先日ニュースリリースを取り上げたCache Logistics Trust です。

2015年3月末時点でキーとなる数字は以下の通りです。

発行済株式数 782,933千株
株式時価総額 920百万シンガポールドル
NAV 0.98
ギアリング 36.6%
直近一年間のDPU 0.08579シンガポールドル

シンガポール取引所に上場している不動産アセットマネージャーであるARA Asset Management と、同じくシンガポール取引所に上場している物流企業CWT Limited の合弁会社がマネージャーになっているCache Logistics Trust は、その名の通り物流関係の産業用不動産に特化したREITです。テナントとしてCWT Limited や関連会社が入居していることが多く、またスポンサーであるCWT Limited がテナント契約を更新しないリスクは低いと思われますので、空室リスクは比較的少ないのではないかと考えております。2015年6月29日終値である1.150シンガポールドルで、過去一年の配当利回りを出すと7.46%となります。P/B レシオは高めの1.17倍ですが、比較的高い配当利回りが魅力となって、下値を拾う投資家は多いと思われます。今後も株価が大きく下落する可能性はあまりなく、もし下げた時には買いのチャンスとなるのではないでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村

Leave a Comment